EVENT

この夏は、日本初上陸のペロタンに注目!

新進気鋭のアーティストを集めたアートスペースが六本木に登場。

記事メイン画像

フランス発のアートスペース、ペロタン。現在パリ、香港、ニューヨーク、ソウルでスペースを展開する気鋭のギャラリーです。
2017年6月、センセーショナルな現代アーティストを数多く擁するペロタンが、東京・六本木にオープンしました。

Nacasa & Partners Inc. ナカサアンドパートナーズ

こけら落としとなったのは「ピエール・スーラージュ」展。ピエール・スーラージュは、フランス美術シーンをリードする最も著名な画家のうちのひとりです。「黒の画家」とも呼ばれるスーラージュの作品は、静謐ながらときに鮮やかな「黒」の表現で知られています。
第4回高松宮殿下記念世界文化賞の絵画部門を受賞した、抽象絵画界の巨匠スーラージュの作品展は、8月19日まで開催中です。

Pierre Soulages, Peinture | Photo : Vincent Cunillère | © ADAGP, Paris 2017 | Courtesy Perrotin
Pierre Soulages, Peinture | Photo : Vincent Cunillère | © ADAGP, Paris 2017 | Courtesy Perrotin

続く8月26日からは、パオラ・ピヴィの個展「They All Look the Same」がスタンバイ。ピヴィは、ベネチア・ビエンナーレへの出品でも知られるイタリア人女性アーティスト。動物を使ったインスタレーションや写真作品は、現在国内外で高い評価を獲得しています。

今回の個展にも、彼女を象徴するポーラーベアーのモチーフを使用した作品が多数出品されます。

 

「黒の画家」スーラージュと、ユーモアあふれる表現で社会に切り込むピヴィの作品が見られる貴重な機会。
この夏は、六本木で充実の現代アート体験をしてみませんか。

PAOLA PIVI « Did you rest ? », 2016 | Aluminium, peacock feathers, engine | Photo : Todd-White Art Photography | Courtesy Perrotin

 

[イベント情報]

日時:
ピエール・スーラージュ展:
2017年6月7日(水)- 8月19日(土)
パオラ・ピヴィ展:2017年8月26日(土)- 11月11日(土)

開館時間:11:00-19:00
休館日:毎週月曜・日曜日・祝日
会場:ギャラリー・ペロタン東京
入場:無料
ウェブサイト:https://www.perrotin.com/

 

トップ画像:PAOLA PIVI “Too late” 2017 | Urethane foam, plastic, feathers | Photo : Attilio Maranzano | courtesy Perrotin

文・齋木優城 編集・上野なつみ

関連記事

関連記事