EVENT

コンテンポラリーデザインスタジオ「we+」がワークショップを開催!

結晶をつかった大人のためのモノづくり体験。

記事メイン画像

東京・六本木にある武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジにて、コンテンポラリーデザインスタジオ「we+」が企画するワークショップ「ウレアを使って、Geometric Crystalをつくろう」が、2018年2月10日(土)に開催予定です。

コンテンポラリーデザインスタジオ「we+」は、2013年、林登志也と安藤北斗により設立。インスタレーションやグラフィックなど、多領域のディレクションとデザインを手がけ、テクノロジーや特殊素材を活用した実験的なアプローチを追求しています。過去には、パリやミラノのデザインギャラリーに所属。Sony、マリメッコ、三越伊勢丹、PANPURI、森美術館などのコミッションワークを手がけるトップクリエイターです。

今回のワークショップは、そんな「we+」による企画です。
作品に使用する「ウレア」とは、保湿クリームや肥料として使われる尿素のこと。ウレアには、水に溶かして蒸発させると、雪のように輝く繊細な結晶が生まれる性質があります。
同ワークショップでは、この性質を利用して、オリジナルオブジェを制作します。

「we+」ならではの手法で生み出す、あなただけのプロダクト。
仕事や家事で忙しい時間を過ごしている大人だからこそ、クリエイティブに触れる機会を設けてみませんか。

モノづくりの楽しさを再確認できるワークショップに、ぜひ参加してみてください。

[イベント情報]
日時:2018年2月10日(土)14:00 – 16:00
会場:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ(東京ミッドタウン内)
入場:¥2,000
定員:15名
ウェブサイト:http://designhub.jp/events/3570/

文・齋木優城 編集・上野なつみ

関連記事

関連記事