EVENT

「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」、まもなくスタート。

多彩なクリエイターたちが、音の構造を「アート」する。

記事メイン画像

中村勇吾がディレクターをつとめる企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」が、6月29日より21_21 DESIGN SIGHTにて開催予定です。

この展覧会では、ある一つの音楽に基づいて空間を生み出す「音楽建築空間」の構築が試みられます。
同展ディレクターの中村勇吾氏は「音楽建築空間」について、「映像・インテリア・グラフィックからテキストまで、空間内のあらゆる要素がひとつの音楽と関係しあい、それぞれが固有性を発揮しながらも、そのすべてが音楽を軸に連動し、調和し続けている。そのような『音楽建築空間」をつくり、体感してみたい』と語ります。
私たちが普段なにげなく親しんでいる音楽は、音色や音域、音量、リズムといったさまざまな構成要素によって生み出される「構造物(=Architecture)」だといえるかもしれません。

Image of studio live recording by Cornelius (Film: Tetsuro Inagaki)
Design Process/Model Photo (Exhibition space design:Wonderwall)

本展では、小山田圭吾(Cornelius)が音楽の構造に着目して書き下ろした新曲『AUDIO ARCHITECTURE』を、気鋭の作家たちがそれぞれの視点から解釈した映像作品を公開します。参加するのは、映像、アニメーション、ダンス、グラフィック、広告、イラストレーション、プログラミング、メディアデザインなど、領域横断的に活躍する9組の作家たち。
Wonderwall 片山正通が会場構成を担当したダイナミックな空間で、それぞれが解釈する『AUDIO ARCHITECTURE』を表現します。

独自の方法で「音」にアプローチする新感覚の展覧会に、ぜひご注目ください。

 

[イベント情報]

日時:2018年6月29日(金)- 10月14日(日)10:00 – 19:00(入場は18:30まで)
休館日:火曜日
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
入場料:一般¥1,100、大学生¥800、高校生¥500、中学生以下無料
WEBサイト:http://www.2121designsight.jp/program/audio_architecture/

関連記事:thaが新作ゲーム『HUMANITY』をUnityで開発中!その醍醐味を中村勇吾が真鍋大度に語る

文・齋木優城 編集・上野なつみ

関連記事

関連記事