EVENT

“からあげクン”が登場!? フードデコレーションと撮影のコツを学ぶ「ローソンインスタ研究所」レポート vol.4

人気お料理インスタグラマーに学ぶ「食べるのがもったいない…!かわいいキャラごはんの作り方&インスタ撮影術」

記事メイン画像

毎回募集と同時に応募が殺到する「ローソンインスタ研究所」の写真撮影ワークショップ、第4回目が9月某日開催された。会場はあっという間に30名ほどの参加者で埋め尽くされ、からあげクンキャラクターによる手厚い歓迎を受けた。 これまで、写真加工フィルターのかけ方やインスタ映えする撮影コーディネートがテーマに選ばれてきた本会だが、今回はなんと“からあげクン”をモチーフに、キャラデコ(キャラクター・デコレーション)ワンプレートごはんを作ろうという試みだ。講師を務めるsatomiさんは、クックパッドで数々の話題入りレシピを手がけ、インスタグラムでは8万人弱のフォロワーを抱える人気お料理インスタグラマー。身近な食材を使って、簡単にかわいいキャラごはんを作る秘訣を教わった。 [Sponsored by LAWSON]


食材選びにもこだわりが。キャラクターをデコるコツとは

今回のモチーフは、今年7月に30億食(!)を突破したという、「からあげクン」。からあげクンのほか、Uchi Caféスイーツや海苔、カニカマ、チーズなどを使って、誰でも手軽に作れるキャラデコのテクニックを学ぶ。

会場ではからあげクンが参加者を出迎えた

スマホでできる撮影や画像加工の仕方を分かりやすく教えてくれるGENIC LABの木村優紀子さんをモデレーターに、講師satomiさんのレクチャーが始まった。

可愛いキャラクターものから、サッカーの大迫選手やファミコンまで多種多彩なキャラごはんを作ってきたsatomiさん。最初は忠実に作りたいキャラクターを再現することに努めていたけれど、今ではスーパーで色んな食材を見て、「何かに使えそう!」と発想を得ているそう。特におすすめの食材はたまごボーロやかまぼこなどで、丸くて、白っぽく、表面がきれいな食材が使いやすいとのこと。

今回使用する食材。マシュマロやカニカマ、スライスチーズなど、丸いもの、白っぽいもの、表面がきれいなものが並ぶ
satomiさんによる手書きのレシピをつかって、つくりかたの紹介が行われた。

そのほかにも、
「顔はパーツの配置が大事。目と鼻を一直線に、口と目も近づけるベビーフェイスだとかわいくなる」
「細かいパーツを扱うときは、ピンセットと爪楊枝を駆使して」
「最初に作るなら、海苔とご飯だけで作れる白黒のキャラクターがおすすめ」
など、極力手間をかけずにキャラデコするためのアドバイスが次々と語られた。

一つひとつを丁寧に。うまく加工するには下準備が命

今回、メインメニューは「からあげクンちびおにぎり」と「からあげクンマシュマロ」の2つ。マシュマロにはチョコペンで顔を描き、おにぎりには海苔やカニカマなどを加工したパーツを貼り付けていく。

写真・木下治子 文・井上結貴 編集・上野なつみ

関連記事

関連記事