EVENT

「日本オープンイノベーション大賞」始動!ロゴマークのデザイン公募もスタート

イノベーション創出を加速するオープンイノベーションを推進

記事メイン画像

日本のオープンイノベーションをさらに推進させるべく、内閣府の主導で「日本オープンイノベーション大賞」が新たにスタートする。開催に伴い、同アワードのロゴマークデザインの募集が開始した。


高まるオープンイノベーションの重要性

「日本オープンイノベーション大賞」は、近年国際的に競争が激化している「イノベーション創出」をさらに推進するため、今後のロールモデルとして期待される先導性や独創性の高い取組みを称えようというアワードだ。

近年、社会的ニーズの解決や新たな価値の創造につなげるために、組織の壁を越えて知識や技術、経営資源を組み合わせ新しい取組みを推進する「オープンイノベーション」の重要性が高まっている。また、ニーズの高度化・複雑化や人工知能、ビッグデータ解析といった技術の登場により、科学技術イノベーションの創出プロセスが大きく変化し、ますますその必要性が語られるようになっている。

政府は、研究開発の成果を素早く社会で実現し、新たな価値を創造するための取り組みを盛り上げる機運を作っていくため、過去15回に渡り「産学官連携功労者表彰」を実施してきたが、近年のこうした背景を踏まえ、今年「日本オープンイノベーション大賞」として新たにスタートを切ることになった。

 

募集するのはロゴマークデザイン

内閣府公式WEBや、表彰式などで配布される紙媒体での広報展開(左) / 日本オープンイノベーション大賞受賞者、政府機関を始めとする表彰機関関係者の名刺やWEBサイトや紙媒体などの広報ツール(中) / 表彰式における空間デザインでの利用(右)

今回募集するロゴマークは、同アワードを紹介する内閣府の公式WEBや表彰式などの場において、表彰機関関係者及び受賞者が使用するもの。求められるのは、「日本オープンイノベーション大賞」の理念を表し、受賞者が誇りに思い使用したくなるようなロゴマークデザインだ。ロゴデザインを通じて各方面で「日本オープンイノベーション大賞」の認知を拡げ、日本の未来を担う取り組みを応援する。

日本の未来を担う取り組みを応援する、ロゴマークのデザイン公募。BAUS読者クリエイターのみなさんに、ぜひ意欲にあふれた作品を届けてほしい。

 

 

[募集概要]

「日本オープンイノベーション大賞」ロゴマークデザイン募集
募集期間:2018 年11月19日(月) – 2019年1月16日(水) PM12:00
対象者:だれでも参加可
:優勝賞金50万円、「日本オープンイノベーション大賞」のロゴマークとして採択
主催:日本総研

>> ロゴマークデザイン募集詳細
>> 日本オープンイノベーション大賞

編集/文・上野なつみ

関連記事

関連記事