EVENT

25歳以下限定ショートフィルムのコンペティション開催。海外映画祭出品も夢じゃない!?

SSFF & ASIAの「U-25プロジェクト」

記事メイン画像

21年目を迎える「ショートショート フィルムフェスティバル &アジア(SSFF & ASIA)」が、将来有望な映像作家の活躍を応援すべく、国内の25歳までの監督が制作した作品を対象に、5分以下のショートフィルムを大募集!選ばれた作品を映画祭期間中オンライン配信されるほか、入選監督は映画祭のセレモニーやイベントへ招待される予定だ。また、優秀賞受賞作品は、SSFF & ASIAを通じて海外映画祭等への出品サポートも行われる。

ショートフィルムは長さの制約がある分、企画力やアイディアで勝負することができるため、個人のクリエイターでも国内外の映画祭にチャレンジすることができる。学生監督など若手クリエイターのみなさん、ぜひ瑞々しい感性が光る作品でご応募ください。

 

 

[募集概要]

応募期間:2018年12月3日(月) – 2019年2月15日(金)
※ 動画のオンラインアップロード完了もしくは郵送でのDVD到着をもって応募完了。
登録料:無料
:優秀賞 10万円、受賞作品は映画祭後、海外映画祭等へ出品をサポート
※賞の名称・金額等は変更の可能性があります。
応募ページhttp://www.shortshorts.org/2019_call_for_entry/u-25.html

応募ガイドライン
1. プレミア規定:不問
2. ジャンル:不問
3. 尺:5分以内 (エンドクレジットを含む総尺)
4. 制作年:2018年1月以降に制作された作品
5. 制作国:全ての国の作品対象
6. 監督:25歳以下の日本在住または日本国籍を有する監督。(2019年3月末時点で25歳以下の方が対象)
7. 言語:英語と日本語以外の言語による作品は、オリジナル言語の対訳の日本語字幕もしくは英語字幕をつけて下さい
8. フォーマット:全フォーマット対象(応募はDVD、または映像データ(Quick Time))

WRITER

BAUS / BAUS編集部

BAUSは、クリエイティブと社会のつながりから「次」と「続き」をつくるプラットフォームです。豪華執筆陣のここでしか読めない“これからの働き方”や“チームづくり”にまつわるコラム/ポエムを掲載中。あなたのご意見・ご感想をお待ちしております。

関連記事

関連記事