EVENT

【イベント参加者募集】 目撃せよ!選ばれし、大学生・高校生による公開プレゼンテーション&特別講演

Adobe “Make it! Student Creative Day”

記事メイン画像

「世界を変える映画のポスター」公開プレゼン オーディエンス審査

若者のクリエイティブ活動について共に考え、作り上げる初のイベントAdobe “Make it! Student Creative Day”が2月6日(水)、ミッドタウン インターナショナル・デザイン・リエゾンセンターで開催される。本イベントでは「世界を変える映画のポスターをつくる」をテーマに事前に選出された大学生10組、高校生3組が自らの作品の公開プレゼンテーションを行う。当日、イベント参加者全員による投票で最優秀作品が選ばれる。

ゲスト審査員 新世代監督・山戸結希氏のトークセッション、
さらに来日中のアドビ CMO アン ルネスの特別講演も!

20代半ばで、小松菜奈・菅田将暉W主演の長篇『溺れるナイフ』を監督し、来たる2月8日公開予定の映画『21世紀の女の子』の企画・プロデュース・監督を務めた山戸結希氏が、ゲスト審査員として登壇。自身の学生時代の活動や、クリエイティブで世の中を変えることへの思いなどについて、トークセッションを行う。聞き手は京都造形芸術大学客員教授 酒井博基氏。

また、来日中のアドビ エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO(最高マーケティング責任者)であるアン ルネスによる、グローバル視点と日本ならではの視点からみた、これからの社会を生きる若者のクリエイティビティの大切さについて特別講演が行われる。


[作品 公開プレゼン出場校(予定)]

(大学の部)
京都工芸繊維大学
多摩美術大学
千葉大学
東京藝術大学
東京造形大学
長岡造形大学
武蔵野美術大学
※50音順

(高校の部)
品川女子学院
東京都立新宿山吹高等学校
東京表現高等学院MIICA
※50音順

[イベント観覧参加募集]

参加対象:
高校生・大学生・教育関係者

定員:
先着60名(事前登録制・無料・先着順)

イベント観覧登録方法:
以下の登録フォームよりお申込みください(無料・先着順)
http://bit.ly/Adobe_StudentCreativeDay

[開催概要]

Adobe “Make it! Student Creative Day”

日時:
2019年2月6日(水)13:00〜17:30

会場:
東京ミッドタウン・デザインハブ内
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
東京都港区 赤坂9丁目7-1 ミッドタウンタワー5階
http://designhub.jp/access/

タイムテーブル:
12:30 – 13:00 受付
13:00 – 13:10 ご挨拶
13:10 – 14:30 公開プレゼンテーション (大学生10組、高校生3組を予定)
14:45 – 15:30 山戸 結希氏 (映画監督 映画『21世紀の女の子』企画・プロデュース)によるトークセッション
15:30 – 16:20 アン ルネス アドビ エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO(最高マーケティング責任者)による特別講演
16:20 – 16:40 授賞式
16:40 – 17:30 交流会

主催:
アドビ システムズ 株式会社

共催:
武蔵野美術大学

[特別講演登壇者及びゲスト審査員プロフィール]

アン ルネス アドビ エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO(最高マーケティング責任者)

アドビのコーポレートブランド、広報、全世界における統合マーケティング活動の責任者。 アドビのブランド拡大およびグローバルマーケティング活動に携わる。American Advertising Federationのアチーブメント殿堂入り、Business Insiderによる「世界で最も革新的なCMO」、Forbes による「世界で最も影響力のあるCMO」、また、AdWeek50による「マーケティング、メディア、テクノロジー全般で1年で最も活躍した役員」などの選出歴多数。2015年には、その年で最もクリエイティブな人々を称えるAd Ageの「The Creativity 50」に選出された。若い世代のCreativity育成に関する活動を公私において非常に重要視している。

 

山戸結希氏 映画監督  映画『21世紀の女の子』企画・プロデュース・監督

2012年、『あの娘が海辺で踊ってる』でデビュー。2016年、小松菜奈・菅田将暉W主演の長篇『溺れるナイフ』が全国ロードショー、興行収入7億円を突破、述べ60万人以上を動員。RADWIMPS、乃木坂46、Little Glee Monster、DAOKOら多数アーティストのミュージックビデオの映像監督を務め、大手企業の広告映像も手掛ける。2018年、『21世紀の女の子』の企画・プロデュースを発表。2019年、東映配給作品『ホットギミック』の公開を控える。

編集/文・BAUS編集部

関連記事

関連記事